«

»

12月 11

岡林信康

th_th__002609510数年ぶりに岡林信康のコンサートに行ってきた。もしかしたら20年以上行ってなかったかも・・・・
ほとんど期待はしてなかったんだけど、だいたい期待通りだったね?19歳の時労音で岡林さんを見てから、何度も彼のコンサートに行ったり、ステレオを買ってからはレコードもせっせと集めていたな〜〜。コンサートでは時々ボブディランの話をしていたので、どんな人かな〜?と思っていたんだ。それ以降1973、4年頃にテレビでボブディランのローリングサンダーレヴューというのを見てからボブディランのレコードは海賊版も含めてたくさん買ったな〜〜。何せ横浜に住むようになってからは、仕事で新宿に出れば海賊版屋さんに行ってた。要するに俺は岡林とデイランしか聞いてないね?他の歌手のアルバムも時々は買ってみたけれど、全く興味が出てこない。わずかに憂歌団は2枚ほどCDを持っていて、好きなグループだったね。このくらいしか音楽的な興味がない俺でも岡林とディランに関しては一生懸命聞いてたからね。岡林の4枚目のアルバムで、「金色のライオン」という1973年に出たアルバムがある。彼のアルバムで一番好きなのはこれなんだけれど、世にはあまり評価されなかったようだね?今でも歌ってるのは「26番目の秋」「あの娘と遠くまで」など四畳半フォークに分類されそうな歌ばかり・・・・。俺から見れば、このあたりで勘違いがあったし、世に受け入れられないので、レコード会社もそのようにしたんだろうね?天下のソニーレコードだったから。それからは演歌に走ったり、「エンヤトット」など俺の興味の外に行ってしまったんだ。それでも時々期待しながらコンサートには行ったんだけど、何回も期待外れで、あるとき諦めた・・・・今回は街を歩いていると、「弾き語りコンサート」というのが目について、久しぶりに行ったんだね。期待通り、「山谷ブルース」「チューリップのアップリケ」などギター、ハーモニカ、声は未だに好きで気持ちよかったけど、やっぱり楽な方へ行ったな〜〜という感じはある。今回じっくり考えてみたら、1973年で岡林は終わっていたんだね?「金色のライオン」というレコードは完成されてないけど、転機だったのかもわからないね。あのアルバムの時の岡林さんに戻って欲しいけど、もう無理やね?俺はあの中の「黒いカモシカ」という曲が好き・・・・「岡林〜〜!久しぶりに歌ってくれ〜〜」あれを歌うコンサートがあれば絶対行くな?
このように・・・・我が家にはレコードもCDも2人のものしかありません。しかし・・・レコードを聴く器具はないしCDも時々調子が悪いので、CDをパソコンに入れて聞いている。家でボブディランしか聞いてない〜〜〜・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.