4月 17

近況あれこれ

長い間更新してなかったね〜〜。特別な意味はなかったんだけどね。ただ怠け者だっただけだね?まあいろいろなことを書いて見よう
まず・・・・モノクロの写真を立体的に見せようと色々頑張ってるけど、少しは成果が出ているかも。上の写真がそうだけど・・・・もしかしたらこれは被写体がそれに向いてないかもしれないね?この場所は好きだね〜、新山下の艀だまりに行く途中の人がほとんど通らない道。下に敷いてあるのは艀の上にかぶせる戸板だね?艀の人が歩きやすいように下に敷いてくれたのかな?この道を通るたびに写真を撮りたくなるからよほど気に入ってるんだ。
港のことではもう一つどうしてもわからないことがある・・・・右の写真。
横浜海上保安庁の裏側に「工作船資料館」という建物がある。最初は「工作船展示館」という名前だった記憶がある。
知らない間に資料館に格上げ(?)されたんだけど、何年か前に初めて見たときには模型の船が展示しているものと思って見に行ったんだね?「工作船展示館」と聞いたら誰でもそう思う・・・・・・・
中身は何かというと、北朝鮮の工作船と呼ばれているもの。何年か前に銃撃戦があって海上保安庁が勝ったんだ。工作船は自爆して海の底に沈んだいたものを引き上げてこの場所に展示してある。俺は前からこの意味が全くわからない。
「海上保安庁が悪者の北朝鮮戦をやっつけたぞ〜〜」「海上保安庁は頑張って国を守ってるぞ〜〜」「北朝鮮は船の装備から見ても貧しい国だぞ〜〜」「北朝鮮は恐ろしい国だから気をつけろよ〜〜」
色々と考えられるが、日本の力を誇示するものかな?中には銃撃戦の生々しいビデオや、穴だらけになった粗末な船・質の悪い(?)武器、いろいろなものが置いてあって、北朝鮮に敵意を感じさせるようになってるのかな?
これを常時公開する意味がよくわからない・・・・・・いつまで置いておくのかな〜〜?
船の模型のほうがいいな〜〜・・・・・
今日は政治的な意味に誤解されるようなことを書いたけれど、俺は政治には興味ないからね?
ただ、この展示の意味を知りたい。本当に知りたい。誰か教えて・・・・・
国家というものは、こういうことをしないと他の国に対して恥ずかしいものなのか?
もっといろいろなことを書こうと思ったけれど、今日はこれだけにしておこう。今までの携帯からスマートフォンに変えたこと、新聞を変えたこと、いろいろあって色んなことを感じたけど、次の機会にしよう。それほど長い時間かからないでまた更新するからね〜〜〜

今日はなんだか変な投稿になってしまった。しかし、この建物の中を見たときから理由が知りたくて、昨日見たときに「工作船展示館」が「工作船資料館」になっていたので・・・・・

あっ!そうか〜。次に何かを仕留めたらそれと変えるのかな〜?戦争の戦利品だね?全く〜〜〜〜〜〜!
鹿の頭とか壁にかかってるあれに似てるのかな〜?

12月 13

横浜の東京化

160610-001昨日の夜久しぶりに横浜港まで散歩してきた。そろそろ散歩道を変えなければいけないね?最近の横浜はどんどん東京化しているようだ。
これちょっと前に書いておいてあったんだね。続きを書こうとしてたのかな〜?忘れたからこのままでいい・・・・・

12月 11

岡林信康

th_th__002609510数年ぶりに岡林信康のコンサートに行ってきた。もしかしたら20年以上行ってなかったかも・・・・
ほとんど期待はしてなかったんだけど、だいたい期待通りだったね?19歳の時労音で岡林さんを見てから、何度も彼のコンサートに行ったり、ステレオを買ってからはレコードもせっせと集めていたな〜〜。コンサートでは時々ボブディランの話をしていたので、どんな人かな〜?と思っていたんだ。それ以降1973、4年頃にテレビでボブディランのローリングサンダーレヴューというのを見てからボブディランのレコードは海賊版も含めてたくさん買ったな〜〜。何せ横浜に住むようになってからは、仕事で新宿に出れば海賊版屋さんに行ってた。要するに俺は岡林とデイランしか聞いてないね?他の歌手のアルバムも時々は買ってみたけれど、全く興味が出てこない。わずかに憂歌団は2枚ほどCDを持っていて、好きなグループだったね。このくらいしか音楽的な興味がない俺でも岡林とディランに関しては一生懸命聞いてたからね。岡林の4枚目のアルバムで、「金色のライオン」という1973年に出たアルバムがある。彼のアルバムで一番好きなのはこれなんだけれど、世にはあまり評価されなかったようだね?今でも歌ってるのは「26番目の秋」「あの娘と遠くまで」など四畳半フォークに分類されそうな歌ばかり・・・・。俺から見れば、このあたりで勘違いがあったし、世に受け入れられないので、レコード会社もそのようにしたんだろうね?天下のソニーレコードだったから。それからは演歌に走ったり、「エンヤトット」など俺の興味の外に行ってしまったんだ。それでも時々期待しながらコンサートには行ったんだけど、何回も期待外れで、あるとき諦めた・・・・今回は街を歩いていると、「弾き語りコンサート」というのが目について、久しぶりに行ったんだね。期待通り、「山谷ブルース」「チューリップのアップリケ」などギター、ハーモニカ、声は未だに好きで気持ちよかったけど、やっぱり楽な方へ行ったな〜〜という感じはある。今回じっくり考えてみたら、1973年で岡林は終わっていたんだね?「金色のライオン」というレコードは完成されてないけど、転機だったのかもわからないね。あのアルバムの時の岡林さんに戻って欲しいけど、もう無理やね?俺はあの中の「黒いカモシカ」という曲が好き・・・・「岡林〜〜!久しぶりに歌ってくれ〜〜」あれを歌うコンサートがあれば絶対行くな?
このように・・・・我が家にはレコードもCDも2人のものしかありません。しかし・・・レコードを聴く器具はないしCDも時々調子が悪いので、CDをパソコンに入れて聞いている。家でボブディランしか聞いてない〜〜〜・・・・。

10月 16

根岸の心配

s_161015034久しぶりに根岸まで散歩したら、米軍の根岸住宅にはほとんど人が住んでいなくて、芝生は雑草で覆われていたな〜。3つあった入り口も2つが閉鎖になって、1つしか開けてない。近いうちに日本に返還されるんだろうね?根岸競馬場の観覧席のことを考えたら、返還していらんね?この発言は政治的な意味があるわけでも何でもないんだ。とにかく日本の行政は建物を壊すことが好きなようで、港の近くのいいレンガ倉庫もつい最近壊したばかり・・・「大正時代の建物は残すが、昭和の建物は壊す」というわけのわからん話を聞いたことがあって、根岸競馬場の観覧席は昭和5年の建物だから「アウト〜〜!!」・・・・・ということになる可能性がある。かなり老巧化しているので、修復が必要だけど、なかなか日本では木造りのずっと昔の建物しか修復しないようなんだね?というかコンクリートやレンガ、石造りの建物の修復ができる人がいないのではないかと思えるほどないね〜〜?多分そのような事態が起きてないからできる人がいないのでしょう。みなとみらい地区にある赤レンガ倉庫も修復じゃなくって、建て直したんだもんね?昔のレンガがせっかくいい色になってきていたのにもったいないことでした。落書きを消してそのまま修復すればよかったのに、その方がお金がかかったんだろうし、何しろ修復師がいない・・・・
というわけで、根岸競馬場の観覧席は今アメリカが接収している敷地内にあるので、未だに命を伸ばしてるわけだね?要するにアメリカも日本も手をつけられない状態になっているからあるだけで、どちらか一方(日本国)のものになったら、この建物の寿命はほとんどなくなると思って間違いないね?この場所だけでもこのまま中途半端な状態を維持できないものかね〜?贅沢は言わん!完全に朽ちるまでだけでいい・・・・ここにあるだけでいいんだ俺は!
s_161015019

9月 01

動物園前から通天閣まで

s_160827-018だいたい動物園前の駅からジャンジャン横丁を通って、通天閣まで行くまでの面を「新世界」というようだ。子供の頃から「新世界」「新世界」と言ってるけれど、今回歩きながら信じられん名前やな〜〜とふと考えた。「新世界」でっせ〜〜〜〜!「新世界」!!街の呼称で「新世界」なんてありえないよね?最高のネーミングだと思うけどね。少し調べてみたら明治のいつの頃かここで博覧会が開かれて、最初の通天閣も立ったらしい。そこにはロープウェーも通っていたようで、大いに賑わったんだろうね?こういうことは簡単に調べて、謎が多い方がいいので少ししか時間をかけなかったからこんな程度しかわからんけれど、この呼称が未だに健在で、他にもあってよさそうな名前なのに「新世界」はここ西成区にあるものだけのようだね?しかし・・・・この名前をつけた人たちを尊敬するね俺は。俺にとっては未だにあの場所は「新世界」で、行くたびに新しい発見がありそうな・・・・これは子供の頃からそうだったね?ちょうど家から歩いて子供の足で30分程という良い距離にあったことも関係しているのかもわからん。ちなみに横浜の「みなとみらい」という名前はきらいや〜
・・・・というわけで今夏も大阪に行った時に「新世界」をうろついた。歌のおっさんか? 2人いたで〜〜!もう一つ報告せないかんのは、串カツの天狗はもうだめや〜〜ということかな?
どて焼きが甘くなって上品な味になってしまった。あとで行った難波の立ち飲み屋の「赤垣屋」のどて焼きの方が昔の天狗の味に近くて美味しかったな〜〜。一つ行く店がなくなったけど、もともと、歩くだけで楽しい街だからそれはそれでいい。こんなことくらいで「新世界」が嫌になるかいな〜!
囲碁の盤を前に一人で真剣に石を並べているおっさん、坂田三吉が関根はんに買った時の投了図、いろいろな格好をしたビリケンさん、昔からあるスマートボール。また違う時代になったら新しい何かも増えてるんだろうね?何と言っても「新世界」やからな〜〜!

s_160827-009

こんな綺麗な焼きかたはだめだね?これやったら八重かつと同じやないか〜

s_160827-003

三吉さんが「4五歩」と指した時に関根はんが「ごめん」と言ったんだね?

s_160827-022

s_160827-011

このおっちゃんのハマりっぷりは見事なもんや〜!一心不乱に石を置いてたな〜 対戦相手を待っていたようで、次に通った時には2人で楽しげにやってたよ。

5月 05

ゴールデンウィーク終わり・・・

0025166もうゴールデンウィークが終わるね?嬉しい・・・・!昔からまとまった休み(正月休みだとかゴールデンウィーク)が嫌いだった。好きだったのは学校に行ってた時くらいかな?社会人になってからは(俺が社会人と言えるかどうかはさておき)どこに行っても人だらけの連休というのはどうも嫌だったね。特に最近はその傾向が強くなったな〜〜。みんなが同じ方向に行くもんで、どこに行っても行列ができている・・・・。フリーランスで仕事をしだしてからは特にそうだ。この期間仕事はないんだもんね?
今は通常の時も昔ほど仕事がないけれど、それでも嫌だ。散歩に行くときは人が連休中には行かないであろう場所を探しながら歩いている・・・・。会社勤めのときには旅行に行こうなんて気も起きなかったもんね。とにかく最近の横浜は人のいない場所を歩くのが大変な状況になってきている。新山下と根岸競馬場だけは大丈夫だから、そこに避難しているんだ。苦労するで〜〜〜連休!!!!
あと2〜3日は我慢がいるかもね?

5月 01

ギターを持たない Bob Dylan

1605014月28日、Bob Dylan今回の最後の公演が横浜であったので行ってきた。朝から妙に落ち着かない1日だったね?Bob Dylan75歳、どう見ても今回の公演が日本最後だろう。
15年前の埼玉・東京・横浜での公演も60歳ということで最後だろうと3回見てきた。10年前のお台場のライブハウスの公演も65歳で最後だろうと・・・・。
去年のお台場のライブハウスは、場所が嫌いなことと、狭いライブハウスでの自分の体力も考えると、行く気にならなくって、その時俺の中では10年前が最後だった。
そしたらなんと今年は横浜でもやるという、これで最後だろう・・・・・・ということで是非行ってきた。
本当に、カメラやパソコンもこれが最後と思って買うとまた買うべきものが出てきて、デジタルの進化についていくのに大変だけれど、それと同じようにBob Dylanも進化しているんだね。
どや!! 文章の導入としては進化というキーワードで結んだのがよかったのでは・・・・・?
わかってると思うけど、上の写真はBob Dylanとは関係ないからね。写真は大好きな新山下埠頭での写真、ここでも大好きというキーワードが見つかったね?

Bob Dylan横浜公演の話だったね?ごめん、ごめん!
今回の公演ではスタンダードナンバーが半分近くもあって、音楽自体に興味のない俺は何の曲を歌ってるのかわからなかったけれど、変に編曲しないで曲自体のメロディーを素直に歌っているのにどの歌も彼の声、歌いかたで、Bob Dylan調・・・・。
この時なぜ俺はボブディランしか聞かないのかということが本当によくわかった気がした。英語で歌詞の意味も何もわからないんだけれど、Bob Dylanの作った歌に比べて、歌詞の流れかたというか、これはなかなかうまく言えないんだけれど、最後まで聞くのにあの大好きなBob Dylanの声・歌いかたをもってしても飽きてくるんだ・・・・。それに比べると彼の曲を聴くと、いつものようにどの曲を歌っているかわからないのに入っていけるんだね?一つだけ確実に感動したのは『枯葉」だね。枯葉という曲は俺も色々な人の歌を何回も聞いているけれど、こんなに心に響いた『枯葉」を聞いたことはなかったね。この一曲だけでも今回行ってよかったと思えるところがあった。
最初に進化と書いたけれど、声が聴くたびに太く良くなってきているのには本当にびっくりした。声は聞くたびに良くなっている気がする昔のアルバムの声と比べてみてもかなりの進化だと思うけどね。
そもそも俺は何でBob Dylanが好きなのか・・・・・?実際、家には彼のレコードとCDしかないし、他の人の曲はほとんど興味がないので、音楽嫌いかとも思えるけれど、そうでもなかったんだね昔は・・・・。Bob Dylanがらみで、色々なミュージシャンが出てくるような番組を見たりして、その時に興味のある人のCDを買ったりしてはいたんだね?しかし・・・・・何曲も聞いていると、「もういい、飽きた!」と思って、それ以降は聞かないという人たちも何人か居たんだけど・・・・要するに飽きてくるんだ。
その人たちがBob Dylanの曲を歌っていても飽きてくるんだね。理由はわからない。ただ興味がなくなってしまうんだ。そういう選択をして、今残っているのがBob Dylanだけという現象があるんだね。まったく自分でも意味がわからない。人にわかってくれというのもなんだね?

そうそう・・・・Bob Dylanのコンサートの話だった。まず第一声が聞こえた時、どこからこんな声が出るんだ〜〜?という感じだったね。すごい・・・・あの体でこの声。
しかし・・・・ギターを抱えていない。スタンダードナンバーを歌っているからギターは使わないんだなと思っていたら、自分の曲を歌う時にはステージの端の方まで行って、キーボードを弾きながら歌い出したではないか?最初どこにいるのか探してしまったよ。そういえば、10年前のお台場でもキーボードを演奏しながら歌った曲が何曲かあったな〜と思い出したんだ。その時は、ステージの真ん中で立って弾きながら歌っていたけれど、今回は座ったまま・・・・。このあたりで少しづつ分かってきた。この人は死ぬまで舞台の上で歌い続けるんだなってことが・・・・。立って歌っている時も、少し歩き方がおかしいし、靴も今までのようにかかとの高くなった靴ではなくって、足に優しそうな靴だった。俺も今、退院後に足腰が弱くなったようで毎日、毎日歩いて、通常に戻そうとしている時なので、75歳の彼の体力はいかほどのものかと心配していた。
どうせ若い時に、正しい健康生活はしてこなかっただろうから仕方ないけどね?
しかし・・・・歌に関しては以前にも増して声を張り上げて、素敵な歌い方をしていたね。・・・・色々と書いてもうまく表現できないんだけれど、「もう・・・・最高!」としか言いようがないんだ。すんだ音色のハーモニカの情感といい、ステージでのいつもと変わらないパフォーマンス(何もしないでも存在感がすごいんだ)
面白いことに、開演50分にならんとする頃・・・・突然「こんばんわ」と言って何やら英語でしゃべったかと思うと、会場が急に暗くなって、またすぐに明るくなって、休憩20分・・・・俺は喜んだよ〜〜オシッコに行けたからね。年をとると近くなるので、彼も行きたかったのかな?そうじゃないよね〜。ワンステージを一気にできなくなっているのかも・・・・。後半の真ん中あたりで「枯葉」を歌った時の壮絶感というか、歌に対する思い入れというのがすごかったな〜。久しぶりにアンコールらしくないタイミングでアンコールがあって、(今のバンドになって15年前からアンコールはなくって、かっこいい帰り方をしていたんだ)新曲を歌ったけれど、これもすごい歌い方だった。
そして最後の帰り際・・・・いつものようにバックバンドが4人直立不動で並んで、その前でBob Dylanが両手を胸の前で振って、数十秒・・・・それでで帰って行った。今までは5人が直立不動で、約1分怖い顔、そして一言も何の動作もなしに帰っていく・・・・。かっこいい終わり方をしてたんだけれど、歳をとったんだろうね?
5月には新曲のCDが出るらしい。これも最後のCDかな〜〜?買うぜ〜。プレイヤーはないけれど・・・・またステレオ持ってる友人の家にCD持って行かなあかんな?
昔もあったな〜。Bob Dylanのビデオが出たので買ったはいいけれど、ビデオデッキがない・・・。ビデオデッキを持ってる人(その時はかなりの家庭にあった)の家にビデオを持って飲みに行って、ついでに見てきた。今回もそれかな?・・・・パソコンでも聞けるしね。
とにかくコンサートホールで、Bob Dylanの歌を聴いている時ほど満ち足りた気持ちになることはないね?
何年か先に「日本公演今回が本当に最後」というのがあって、立ち見席50000円だったら、絶対に行くね俺は・・・・立ち見席100000円と言われたら、ちょっと考えてから、絶対に行くね。銀行に金があればの話・・・・・

4月 17

久々の近況

s_160417全く久しぶりの投稿だね?何してたかって?・・・・いろいろなことだね。
先月から今月にかけて入院していた。2週間ほど前に退院して今は問題ない、これから先に同居していく病気が見つかって、ゆっくりと付き合っていくつもりでいる。
結論から言えば、血圧を押さえていれば大して問題のないことなので、あとは半年に一度CTで状態を見ていくだけだね?心配いらん・・・・・・・・。
まあ近況に変化があったとしたらこういうことだ。
それより、病院に行った時、楽しいことがあったんだね。
夜、胸が痛くなって治らないので、救急車を呼んで自分で行きたいと思っていた病院に運んでもらった。家から10分以内で行けるところで、女房が耳の鼓膜を貼る時やその他の病気でよくかかっていて、そこの病院のシステムや雰囲気が気に入っているのでここにしたんだけどね。
心臓血管内科というところで見てもらったんだけど、最初のCTを見て先生が、心配そうな顔で、「造影剤を入れてもう一度詳しく見てみます」ということで、「もし懸念している状態だったら緊急手術です」「うちの病院は川崎の心臓の権威といわれている病院と提携していて、そこの医師に手術をしてもらうことになります。」とおっしゃる。
俺が「手術するときにはまた救急車で川崎まで行くの?」と聞いたところ、先生が嬉しそうな顔になって、「いえいえ、川崎の先生が、救急車でこの病院まで来て、この病院で手術します。今の時間だと、20分もあればこちらに到着しますから」『えっっっっ!・・・そんなんありか?面白そう』笑っちゃいそうになりながら、頭の中に突然その絵が浮かんできて、”ストレッチャーを取り除いた救急車の中で、侍のような雰囲気の医者が正座してまっすぐ前を向いている”突然この絵が頭の中で展開した時には、『医者が救急車から降りてくるところを見てみたい』と思ったね?しかしその時は手術しなければいけないので、気持ちが2つの板挟み状態・・・・。
結論としては緊急手術の必要はなかったけれど、助かったような残念なような・・・・。
・・・・・というように俺が気に入っているこの病院は合理的な運営をしているように思うから好きなんだね。
もう一つ蛇足で付け加えれば、この病院は久保山という小さな山の上にあって、周りは横浜市の中心地にある久保山霊園。なぜか横浜の我が家の近辺の霊園は丘の上の見晴らしのいいところにあるんだ。まあこれだけ斎場に近いと何かと便利だと思うんだけど、これが嫌でこの病院を嫌がる人もいるけどね。
今回思わぬ時に入院騒ぎで、1ケ月ほどゆっくりしたけれど、明日からまた普通の生活に戻れそう・・・・・
この書き込みを読んで心配しないでね?もう体を慣らす間に酒とか飲んでも問題ないし・・・・ということは何も問題ない。

12月 28

Bob Dylanがやって来る

BobDylan-w690この写真を使ってもいいのかな?
年賀状の印刷が長いことかかりそうなので、来年最大のイベントの話でも書こうか。15年ぶりにボブディランが横浜にやって来るんだ。15年前は1週間のうち3日コンサートに行って、その時の我が「ボブディラン週間」で、俺の運を全て使い果たしたんじゃないかと思うほどすごい一週間だったんだね?まず座席・・・・最初の大宮のコンサートでは前から13列目、次の東京では9番目、そして最終の横浜公演が今回と同じ会場なんだけれど、なんと一番前のど真ん中・・・・。「もういつ死んでもいい〜〜!」って感じだったね?
その時彼は60歳だったはずで、もう最後の日本公演かな?と思っていたんだけれどね?横浜公演では首が痛くなるほどの距離にいたんだ。そのボブディラン週間は土曜日から次の日曜日までの間の一週間だったので、もう一つの幸運はわかるね?・・・・ということは4日間の競馬開催があるわけで、当時は馬連馬券を全レース3点200円づつ買って遊ぶ程度だったんだけれど、なんと、万馬券を4本も当てたんだ。1万円台が2本と、2万円台、4万円台・・・・・。こんなことは俺の競馬人生(・・・というものがあるなら)初めてのことで、俺の運もこれで終わったからあとはおとなしい人生を送ろうと思っていたけれど、競馬ではその5年後と10年後にまた目の覚めるようなことがあったから俺の何やら人生も終わってなかったんだ。
ごめん競馬の自慢になっちゃた。ボブディランのことだったね?5〜6年前かいつか忘れてしまったけれど、ボブディランがライブハウスでライブをやりたいと言い出したそうで、東京お台場のライブハウスや大阪のライブハウスでやったことがあって、その時にはチケット発売前の夜にお台場には行きたくないということで、俺たち夫婦の意見が一致した。とにかくお台場という場所が嫌いなんだ。しかし・・・・翌朝何気なくネットを見ていたらやはり気になって、そのページを開けてしまったんだね。そして、お台場には目をつぶってチケットを購入したんだね。「これで最後だね?」・・・またそう思っていた。ところが、去年もお台場に来た・・・・。さすがにこれはいかなかったね。お台場を歩く気力がなくなっているんだ。この時は本当に残念だったけれど、街優先・・・・・!!今回も渋谷の文化村というところでもやるんだけれど、あそこも嫌い!
ということで、1日だけ横浜でやるので、文化村は無視することにして、横浜公演だけに行くことにした。これで、横浜に来てから横浜でボブディランを見るのは3回目・・・・
家から歩いて行ける会場でディランのコンサートを観れる幸せ・・・・・こんなに素晴らしいことはないで〜〜?

今回で最後やろ〜〜

あっ!!日にちか?4月28日・・・・・・もうすぐや〜〜(天皇賞はその次の日曜日やったかな〜?)

10月 19

ああ・・新世界

_0024268久しぶりに新世界を歩いてきた。25年以上も行ってなかったような気がする。「天王寺駅から天王寺公園を抜けて、美術館の前の階段の上に立つ。約一分間、通天閣をゆっくりと見る。階段から落ちないように慎重におりていく(この慎重にというのは今回付け加えた、昔はなかったね?)。まっすぐ歩いて、たたき売りの店まで行く。たたき売りを実演していたら1時間ほど口上を聞いて笑う。そこからづぼらやを曲がって通天閣に行く。左のストリップ劇場の看板をちらりと見る。呼び込みの兄ちゃんに声をかけられたら学割で入る・・・時もある。通天閣を下から見たらまた引き返して、今度はじゃんじゃん街まで行く。ぶらぶら歩いてなにか面白いことがないか探す。お金がある時は弓道場で遊ぶ時もたまにある。Zゲームを外から2ゲームほど見る、次に将棋も外から少し見る。てんぐで、串かつとどてやきを食べながら猫を探す。動物園前駅の方に向かって歩いて、ガードの手前の角の麻雀やさんで外からのぞく。ガードを超えてパチンコ屋の前で中古の靴をや何やらよくわからんモノを売っているのを品定め。」これで高校生の充実した午後は終わりとなる・・・・これが「正しい新世界の歩き方」
_0024367しかし、このおっちゃんと話したら、ここで20年間毎日歌を歌っていると言ってた・・・・。俺はこのおっちゃんを見たことがある。ということは・・・俺は20年以内に新世界に行ったことがあるのか??そんなわけないし、おっちゃんか俺かどちらかが数を数えられへんねんな?
「だるま」という串カツ屋に長い行列が出来ていた。俺はその串カツ屋知らんもんね?串カツは「てんぐ」でしょう?だいたい新世界から戎橋に支店を出すような串カツは俺は嫌いやね?
俺は「てんぐ」しか行かないけど、隣の「八重カツ」がはやり出した時に、なんか清潔な感じがして、女子供に人気が出て、てんぐはがらがら、八重カツは満員なんて時もあったな〜? 串カツは「てんぐ」が旨いねん!!!・・・・考えたら他の串カツ食べてないわな?
昨日は「てんぐ」にまで行列が出来てたな〜?「てんぐ」に行列が出来るか〜〜?・・・世も末や〜
_0024329
そんなこんなで、久しぶりに新世界を歩き回ったけれど、観光客が増えて人がいっぱいいた。新世界が栄えてうれしいかぎりやね?これもビリケンさんのおかげやろか?新世界の活気には圧倒されるな〜?歩いていて、とても幸せなうれしい気分になってきた一日だったね?
_0024315新世界で、なくなって残念なのは「Zゲーム}{たたき売り」「弓道場」・・・・あっそうそう「ストリップ劇場」
「スマートボール」は長いことがんばって、また客が増えているようで良かったね〜?たばこ屋、喫茶店、すし屋、将棋、麻雀屋など俺が行き出した時からある店もたくさん残っていて、新世界のそこ力を感じたね?このまま、姿を変えながらでもいいからこの街には発展してもらいたいね?
今日は長々と書いてしまったね?久しぶりの新世界でテンションが上がってるのかな?何といっても、俺の人生、最初の時期を過ごしたところみたいなものだからね。これからは時々行って、エネルギーをもらった方がいいのかな・・・?
昨日はお腹がすいてなかったし、てんぐの行列もあって、どて焼きが食べられなかったけど、今度行った時には、一番安い肉で作る(これはおっちゃんが自慢でいっていたよ)俺の大好きなどて焼きを食べよう。

古い記事へ «